2012年12月22日

「たくさんのふしぎ」

 私がまだ学生だった頃、京都駅に近い本屋さんで手に取った1冊の雑誌。評論家の種村季弘さんが文章をお書きになっていて、テーマは「ラビリンス」、不思議なものや面白いものに目が無かった私は買わずにはいられませんでした。ページをめくるとギリシャ文明の頃から現代まで、ありとあらゆる迷路が紹介されています。
 その雑誌の名前は「たくさんのふしぎ」。読み終えて初めて、児童書を出版している福音館書店が発行する雑誌だとわかりました。そういえば、文章にはルビがふってありました。これが、私と「たくさんのふしぎ」との出会い。自分が子どもを持って、その子のためにこの雑誌を定期購読する日がくるなんて、その頃は夢にも思いませんでした。

 毎月ワンテーマにしぼって作家、写真家、画家、生物学者、物理学研究者、文化人類学者などなどありとあらゆる業界で第一線の方たちに子どもの本を作ってもらう、とんでもなくぜいたくな「こどもの」雑誌。でも、テーマの切り口や、写真、絵の美しさなどどれをとっても子どもだけではく、好奇心旺盛な大人にも満足のいく作りです。
 同じ福音館書店から発行されている雑誌「母の友」2012年12月号で知ったのですが、「たくさんのふしぎ」という誌名はグラフィックデザイナーで絵本もたくさんおつくりになった堀内誠一さんのご提案だったそうです。ロゴデザインも堀内さん、そして創刊号のレイアウトもご担当になったとか。なるほど、堀内さんのロゴデザインに、20代だった私の目が惹かれたんですね。そしてその造語センスにも・・・。納得です。

 この雑誌は1冊ワンテーマなので、ハードカバーの本と同じようにブックトークにも取り入れやすいのが魅力です。雑誌として世に出たままでなく、ハードカバーの単行本として再び出版されたものも多く、「たくさんのふしぎ傑作集」という叢書名もつけられています。書店で、図書館で、ぜひ「たくさんのふしぎ」を手にとってみてください。きっと、作者の「ふしぎ」があなたにも届いて、世の中のいろんな「ふしぎ」に目がいくようになりますよ!

福音館書店のサイト内「たくさんのふしぎ」のページ↓
 
http://www.fukuinkan.co.jp/magazinedetail.php?maga_id=8
posted by ブリッジ at 15:21| Comment(0) | お気に入りの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月18日

お気に入りの本『にぐるま ひいて』

『にぐるまひいて』
文:ドナルド・ホール、絵:バーバラ・クーニー
(ほるぷ出版)

http://honto.jp/netstore/pd-book_00181778.html
にぐるまひいて
 秋、リンゴが出回るようになると読みたくなる絵本です。
 父さんは、10月になるとうちじゅうみんなで作り、育てたものを何もかも荷車につみこんで出かけます。なんと、荷車を引いてくれたウシも売って、家族それぞれにおみやげを買って、家路につきます。そして、冬、春、夏と季節はめぐり、秋までにまたかぞくみんなで作物を育て、さまざまなものを手作りするのです。

 この絵本を教えてくれたのは、ブッククラブ(毎月会員宛に本を届けるシステム)も行っている或る「本とおもちゃのお店」のサイトです。子どもの本についてまったく知識のなかった私は、10年以上前に知ったこのお店のご主人を、今でも密かに師とあおいでいます。

 
 子どもの本を知らない大人にとって、「これが絵本?」と驚いてしまうのはバーバラ・クーニーの絵があまりにも美しいからにほかなりません。木版に描かれたクーニーによる絵の色合い、人物の静かな表情、それは「絵本」というものが子どもだけのもの、という意識を簡単に裏切ってしまいます。現に私は『にぐるま ひいて』に出会ってから、すっかりクーニーの作品にのめりこんでしまい、アメリカの図書館で除籍された古本まで買ってしまったほどです。
 

 「手作り」というものに出会い、感じる機会が現代の子どもには少ないことから、ハンドメイドを意識した本として子どもに紹介するのもいいと思います。
 
posted by ブリッジ at 15:53| Comment(0) | お気に入りの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月31日

『チリメンモンスターをさがせ!』

03136022_1.jpg


「チリモン」それはチリメンモンスターのこと。ちりめんじゃこを買ってくると、カタクチイワシ以外の生き物をみつけたことはありませんか?おそらく小さな小さなタコとか、小さな小さなカニとか。それがチリメンモンスター。


 この本ではちりめんじゃこに混じったほかの生き物を探す遊びを、きしわだ自然資料館や自然友の会のみなさんが紹介してくれます。タコやイカだけではありません。あっと驚くようなチリモンも見せてくれるんですよ。


 まずは本をひろげて、シミュレーション。そして、だいたいの要領がわかったら、お魚屋さんやスーパーでちりめんじゃこを買ってきて、どうぞご自宅などでチリモン探し、楽しんでください!

『チリメンモンスターをさがせ!』
監修:きしわだ自然資料館・きしわだ自然友の会・日下部敬之

発行:偕成社(2009)
posted by ブリッジ at 16:41| Comment(2) | お気に入りの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする