2016年09月16日

2016年7月のわらべうたの会『かんかんかん』

かんかんかん
「こどものとも0.1.2. 2007年2月号」の単行本化。

毎月第一水曜日は「わらべうたであそぼう!」の日。小さいお子さんとお家の方が遊びに来てくれます。

 動物の本の次は、のりものの本を選びました。のりものといっても、貨物列車です。「かんかんかん」と踏切の音がすると、いろんな貨物列車が通ります。いったいどんな貨物列車が通るのでしょうか? のりものに反応するというよりは音に反応して、何が出てくるか子どもたちが楽しみに待っていてくれる、そんな写真絵本です。通る列車の貨物は、みんなが知っているものですよ。

みんなでこんなことをして遊びました。
・ととけっこう よがあけた
・てんこてんこ
・にぎにぎ
・てうちてうち
・チョツチョツアババ
・はなさかひらいた
・あまんだぶりこだぶり
絵本『かんかんかん』
・さよならあんころもち

 7月も、16組の親子さんたちが遊びに来てくれました。「チョツチョツアババ」など、赤ちゃんと1対1で向き合ってしっかり見てもらいたいので、スタッフが二人では大勢の親子さんに待っていてもらうことになります。親子さんたちが自分たちでも1対1でしっかり向き合って遊んでくれるといいのですが、なかなか思うようにはいきません。時間帯を分けて、二回開催したほうがいいのか、など考えてしまいます。
posted by ブリッジ at 09:19| Comment(0) | 未就園児読み聞かせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: