2016年09月16日

2016年6月のわらべうたの会『どうやってねるのかな』

どうやってねるのかな.jpg

毎月第一水曜日は「わらべうたであそぼう!」の日。滋賀県湖北地方にある、長浜市立長浜図書館の視聴覚室にて開催しています。

 形の本、虫の登場する本、ときたので6月は動物の本を選びました。薮内正幸さんの写実的な絵による『どうやってねるのかな』(福音館書店)です。薮内さんの絵は、子どもだけでなく、大人をも惹きつける魅力的な絵ですね。今月は子どもだけでなくお母さんがたが食い入るように絵本に見入ってくれていました。絵描きさんの確かな目で見たものを丁寧に描いた写実絵本は、やはり力があります。先月の甲斐信枝さんの絵本もそうですが、薮内さんの絵本ももっともっとたくさんの親子さんたちに手に取ってもらいたいものです。

 スタンプラリーの話のつづきです。スタンプを押してもらうことを目的にでも、多くの親子さんが図書館へ足を運ぶのはいいことだと思います。ただ、あまり大勢になると親密な雰囲気で運営していたわらべうたの会などは少し混乱してしまいます。6月には親子合わせて30人以上の参加がありました。
 集まる子どもさんは、まだ幼稚園に行く前のお子さんが中心です。1歳前後の赤ちゃんと3歳児とでは、遊び方もまったく違います。どちらに合わせても、片方がつまらない思いをするかもしれません。小さい子ども向けの遊びは大きい子には物足りないかもしれませんが、できたことをしっかりほめる、などの工夫が必要ですね。逆に大きい子が喜ぶ体をつかった遊びなどは赤ちゃんをだっこしたままお母さんに童心に帰ってやってもらう、など。


posted by ブリッジ at 09:17| Comment(0) | 未就園児読み聞かせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: