2016年06月08日

2016年4月のわらべうたの会 『まる まる』



2016年4月6日
長浜市立長浜図書館視聴覚室にて

 4月の絵本は小さい子の好きなまるがたくさん出てくる絵本です。グラフィックだけでなく、造形作家として、そして『もけらもけら』(福音館書店)など絵本のブックデザインでも知られる中辻悦子さんの作品です。

 あるインタビューによると、この本はお孫さんを意識してつくられたのだとか。確かに、小さな子が好きな「まる」がどのページでも主役ですし、「赤い色」も効果的に使われています。2015年6月に読んだ『かお かお どんなかお』(こぐま社)の時もそうでしたが、小さい子どもは本当に「まる」と「赤」に反応しますね。

 本の中に登場する「まる まる」は二つの丸が対になっていて、丸の形にページがくりぬかれています。幾何学的な形の中にに丸が二つあるだけで、顔に見えるから不思議です。顔のように見えるページばかりではなく、グラフィック的な遊びの要素のあるページもあり、言葉だけでなく視覚に強く訴えてきます。その表現に子どもたちが「おもしろいな、ふしぎだな」と反応するからでしょう、最初から最後までみんな絵本に目がくぎづけでした。


 今年度、市立図書館では全6館で行われるお話会すべてをお話会スタンプラリーの対象としました。私のお手伝いするわらべうたの会も対象なので、「さよなら あんころもち」で会が終わったらスタンプの時間です。台紙を持っている方にはスタンプを押し、持っていない方には新しい台紙と一年間の市立図書館6館でのお話会一覧をお渡しします。

 このスタンプラリーの効果については、また次回以降に。
posted by ブリッジ at 09:29| Comment(0) | 未就園児読み聞かせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。