2015年11月21日

11月のわらべうたの会『みんな おっぱいのんでたよ』


11月4日(水) 長浜市立長浜図書館 視聴覚室にて
 私の住む自治体では、読書週間をはさんでひと月ほどの間に新しい試み「おはなし会スタンプラリー」を実施していました。市立図書館6館と子育て支援をしている場所(公民館、保健センターなど)で親子向けのお話会に参加すると、用紙にスタンプを押してもらい三つたまるとちょっとした手作りのプレゼントがもらえる、というものです。

 このスタンプラリーのおかげで、いつもはこじんまりと開催している「わらべうたで あそぼう!」も11月は大盛況でした。親子連れが20組以上も集まりました! 普段とはまるで違うので進行には苦労しましたが、これを機会にわらべうたを覚えようと思ってくださるお母さんが増えるなら、こんなチャンスはありません。

 いつも受付のテーブルに置いてあるわらべうた関連の本を手に取ってくださるお母さんもいて、ちょっとうれしくなりました。「わらべうた」ってなんだろうと思った、あるいは懐かしいなと思って見ていたのでしょうか。

 私の担当する絵本のコーナーでは、いろんな哺乳類が登場する絵本を読みました。もうおっぱいを卒業した子どもさんもいるでしょうし、母乳ではなかった親子さんもあるでしょうが、哺乳類を人間とおなじ地球の仲間と思ってもらえるといいな、という思いで選びました。いつも来てくれた親子さんに紹介している冊子「0歳・1歳の赤ちゃん絵本」を参考にしています。


「わらべうたで あそぼう!」では、下記の本を紹介がてら受付に置いてあります。

小林衛巳子著、のら書店(1998)

小林衛巳子著、のら書店(2000)

相京香代子・深美馨里 共著、冨山房インターナショナル(2014)



posted by ブリッジ at 13:55| Comment(0) | 未就園児読み聞かせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: