2015年06月17日

6月のわらべうたの会『かお かお どんなかお』

柳原良平 作、こぐま社(1988)

 2015年6月3日のわらべうたの会では、『かお かお どんなかお』(こぐま社)を小さなおともだちと楽しみました。その日集まってくれていたのは1歳前後の赤ちゃんが中心だったので、表紙の赤色、丸い顔、と赤ちゃんが好きとされるものが両方そろっている絵本の表紙に、みんな最初から集中して見てくれました。

 どのページにも顔が描かれています。その顔を表現する言葉の意味はわからなくても「顔だ」という認識はあるのでしょうか、どの子もじーっと絵本を見つめていました。この絵本も前回の記事で紹介した0歳・1歳の赤ちゃん絵本に紹介されています。

 柳原良平さんの絵が好きな私は、その作品が赤ちゃんにも受け入れられることを嬉しく思います。柳原さんはプロですから、どんな対象に向けても作品を送り出すことができるのは当たり前といえば当たり前かもしれません。でもその雰囲気を純粋に「好きだ」と思える子どもには、もう少し大きくなったら同じ絵描きさんの別の作品も楽しむことができるんですよね。ひょっとすると大人になるまで柳原さんの絵の雰囲気を覚えていて、その子どもの芸術センスにとっての血となり肉となるかもしれない、と考えると1冊の赤ちゃん絵本を前にワクワクしてしまいます。




posted by ブリッジ at 09:52| Comment(0) | 未就園児読み聞かせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: