2015年05月27日

5月のわらべうたの会『のせて のせて』

松谷みよ子 ぶん、東光寺 啓 え
童心社(1969)

 5月6日のわらべうたの会では、「松谷みよ子赤ちゃんの本」から『のせて のせて』を読みました。さわやかな季節になり、車でおでかけする機会も多いでしょうし、家で枕やいすなどを車に見立てて遊ぶお友達も多いと思い選んでみました。子ども達の反応はというと、絵本を読み出した途端に全員の視線が絵本に集中する、といった具合です。変化と結末までの長さも、小さい子どもにはちょうどいいようです。

この本を選んだのにはもう一つ理由があります。昨年の11月に発行された、あるブックリストを広く知ってもらうためにそのリストから絵本を選んでいるんです。

 京都に「京都家庭文庫地域文庫連絡会」という団体があります。その団体の中の学習グループ「赤ちゃん絵本読書会」の皆さんが勉強を重ねてきたことを『0歳・1歳の赤ちゃん絵本』というリストにおまとめになりました。私は自分の所属する「滋賀県子ども文庫連絡会」の会報とともに送られてきたチラシでその存在を知りました。

2015-05-27 10.46.40.jpg

 このブックリストが本当によくできていて、赤ちゃん絵本にくわしくない私には大変貴重な資料となっています。そして、初めてのお子さんを育てていらっしゃる方や、二人目、三人目だけれど赤ちゃんのための絵本をあまり知らないという方のためにこのリストをお教えしてあげるのはどうかと考えました。
毎月わらべうたの会を開いている公共図書館にも蔵書として買っていただきました。そして先月からこのリストから絵本を選び、絵本の紹介の際にひと言ブックリストの紹介もしています。

 『0歳・1歳の赤ちゃん絵本』の中には、実際に赤ちゃんを育てていらっしゃった会員の方の子どもさんと絵本の関わり方についての記録も掲載されており、参考になります。


posted by ブリッジ at 10:36| Comment(0) | 未就園児読み聞かせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。