2015年03月04日

中1にブックトーク「φ(・.・)ツタエタイ」

『クジラ 大海をめぐる巨人を追って』水口博也著、金の星社(2004)

2015年2月24日  1年2組、3組(2クラス合同で)

2015年3月3日  1年4組、6組(2クラス合同で)

 ボランティアとして活動する中学校より依頼を受け、再び中学1年生にブックトークを実施しました。前回は1学期に実施しています。記事はこちら→中1にブックトーク「◎グルグル◎がいっぱい」 3学期は卒業式があり「言葉の贈り物」に触れるであろうことを踏まえ、「伝えること」を意識したブックトークを組み立てました。

 いろんな動物の声が出てくるお話の後にザトウクジラの歌を聞かせて、どんな動物の鳴き声かを当てさせてからクジラの本を紹介しました。モールス通信についての本の前にはモールス符号による「SOS」を聞かせて、これも何か、そしてどんな文字が発信されているかをクイズのようにして当ててもらいました。音を聞いただけで「モールス信号!」と叫ぶ生徒もいて、こちらが驚きました。知っている子は知っているんですね。

 最後の『マリアンは歌う』の前には、ヒトの発声に大きな役目を果たす声帯について、『からだの地図帳』から紹介してみました。

 絵本『マリアンは歌う』はほとんど全部を読みましたが、黒人差別の実態についての記述もあり、子ども達が真剣に聞いてくれましたよ。心がやわらかいこの時期の子ども達にこの絵本を紹介することは、とても意味のあることだと考えています。これもブックトークの依頼があったから実現したのだと感謝する次第です。


マージョリー・ラ・フルール作、山口雅子訳、東京子ども図書館(2002)

水口博也著、金の星社(2004)

水口博也写真、講談社(1993)

盛口満著、どうぶつ社(1997)

内海慶一<日本ピクトさん学会>著、ビー・エヌ・エヌ新社(2007)

谷口敦郎+日高弘共著、CQ出版社(2011)

『おりの中の秘密』ジーン・ウィリス作、千葉茂樹訳、あすなろ書房(2005)

『からだの地図帳』高橋長雄監修、講談社(1989)

パム・ムニョス・ライアン文、ブライアン・セルズニック絵、
もりうちすみこ訳、光村教育図書(2013)
posted by ブリッジ at 09:14| Comment(0) | ブックトーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: