2014年10月14日

お気に入りの本『子どもに聞かせる世界の民話』

sekainominwa.jpg
矢崎源九郎・編
実業之日本社(1964)

 この本を知るきっかけになったのは、ボランティア仲間がレパートリーを披露してくれた勉強会でのことでした。披露してくれたのは「アナンシと五」というジャマイカに伝わるお話です。その後自分でいろいろストーリーテリングの本を読み漁るうちに、『子どもに聞かせる世界の民話』に収められているお話だとわかりました。

 実際に図書館でその本を見つけて驚いたのは、ものすごく古い本だということ。紙の色が茶色になっているのはもちろん、印刷されている字も小さくて読みにくいんです。ですが、その読みにくさなんてものともしないバラエティ豊かな世界のお話に、大人でも夢中になってしまいます。集められたお話は全部で81編!私が借りた本は、1979年の版でしたが、初版はなんと1964年です。つまり今から50年も前のこと。ですが、今でも版を重ねているようです。その理由はもちろん、おうちの人をはじめとする大人が、子どもに読んで聞かせてあげるため。

 面白いお話がたくさん収められているので、読んでもらうだけではなく自分でも読みたい子どものために、大きな活字で印刷した子ども向けのものも発売されています。元の本のすべてのお話が編まれているわけではありません(42編に厳選されています)が、朝の読み聞かせの時間などに子ども向けの版にも掲載されているお話を語った時は、子ども向けの本を紹介したり、教室に置いてきてあげると自分から手にとって読んでくれるかもしれません。もちろん、聞いたもの以外のお話も。

『こども世界の民話 上』実業之日本社(1995)

『こども世界の民話 下』実業之日本社(1995)



posted by ブリッジ at 09:37| Comment(2) | お気に入りの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このレトロな絵がまたくぅ〜ってきます
色あせたような配色がいい
まだ3つか4つぐらいの幼稚園の頃の本を思い出すよ
パルナスのCM思い出しちゃった(笑)
Posted by YA at 2014年10月14日 13:04
YAさん、コメントありがとうございます!
パルナスを思い出す、わかります〜。
でも、藤城清治さんは90歳をこえても現役でいらっしゃるんです。今年の24時間テレビにも新作を披露されていました。
藤城さんの作品は、一目見ただけで現実を忘れてしまう魔力を持ってますね。
Posted by ブリッジ at 2014年10月14日 13:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: