2014年06月10日

中1にブックトーク「◎グルグル◎がいっぱい!」

編集済みBT資料.jpg
2014年6月10日
中1 2クラス合同で
畳敷きの多目的室にて

 今年度最初のブックトークでは、梅雨なので久しぶりに「雨のち晴」を語ってみようと思いました。「雨のち晴」では、がちょうおくさんとやぎさんが、お互いの家をぐるぐる行ったり来たりします。そこから、今回のテーマを考えつきました。お話のあと、生徒達には今回のテーマを考えながら聞いてもらうようお願いしてみました。途中、「たくさんのふしぎ」あたりで当ててくれました。

 多様な本を紹介することはできましたが、今回は本と本のつなぎがあまりうまくないですね。『指輪物語』なんて、無理やりかもしれません。でも、前段の話である『ホビットの冒険』(岩波書店)が映画化されている現在、どうしても紹介してあげたかったのが本音です。

 「グルグル」というのは名詞ではないので、その言葉からはさまざまな場面やモノが思い浮かびます。片方のクラスの担任の先生が吹奏楽部の顧問でいらっしゃるので、途中ホルンの実物を見せていただきました。

 紹介したのは言葉遊びあり、伝説あり、伝記絵本あり、グラフィックアートあり。どれかは心に引っかかってくれるといいな、と思います。2クラスに教室へ持ち帰ってもらうため、本は2冊ずつ用意しました。レジュメはブックトーク終了後、担任の先生がたにお渡ししました。後で印刷して配布していただきます。


『愛蔵版おはなしのろうそく7』東京子ども図書館(2005)
リブロポート(1992)/BL出版(2003)
『たくさんのふしぎ1989年1月号 迷宮へどうぞ』
福音館書店(1989)
『イカロスの夢』小峰書店(2012)
『みんなのなやみ』理論社(2004)/イースト・プレス(2011)
『みんなのなやみ2』理論社(2005)/イースト・プレス(2011)
『フィボナッチ』さ・え・ら書房(2010)
『りんごとちょう』ほるぷ出版(1976)


posted by ブリッジ at 13:47| Comment(0) | ブックトーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: