2014年01月16日

6年生に読み聞かせ『大雪』

大雪 (大型絵本 (2))
『大雪』
ゼリーナ・ヘンツ作、カリジェ絵、岩波書店(1979)


2014年1月16日
6年生の教室で

 今週は寒波の影響で毎朝寒い日が続いています。私が読みに行く小学校のある地域は、冬の間何度か積雪があります。そんな地域の6年生に今朝読んだのは、スイスの絵本『大雪』です。

 兄と妹の関係も、なんだか自分と妹、自分とお兄ちゃんの関係を思い出させるような絵本なので、外国の作品ではあるけれど、なじみやすい作品です。

 ただ、そりのお祭などスイスならではの風習も見られるためスイスのくらしを知る本と、雪の結晶の写真が多数掲載されている本を『大雪』とあわせてクラスに置いてきました。3冊とも雪を身近に感じる季節ならではの本だと思います。



『目で見る世界の国々63 スイス』
ロリ・コールマン著、国土社(2002)

『スノーフレーク―雪結晶のふしぎを探る』
ケネス・リブレクト著、ラスムッセン写真、山と渓谷社(2010)
posted by ブリッジ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 6年生読み聞かせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック