2013年12月13日

特別支援学級で読み聞かせ『おおきいツリー ちいさいツリー』『こよみともだち』

12月12日
小学校の特別支援学級にて


おおきいツリー ちいさいツリー

『おおきいツリー ちいさいツリー』                  
     ロバート・バリーさく
           光吉夏弥やく
           大日本図書(2000)

こよみともだち (日本傑作絵本シリーズ)

『こよみともだち』
          わたりむつこ さく
          ましませつこ え
          福音館書店(2006)

 2学期最後の読み聞かせの時間には、特別支援学級の5クラスが集まってくれた教室で、2冊の絵本を読みました。クリスマスツリーのさきっぽをめぐるお話と、「こよみ」の中の住人がおとなりを訪ねていくお話です。

 
 特別支援学級には1年から6年まで在籍するので選書が難しいのですが、子どもたちの身近な話題とリンクする本を持って行くと、それぞれの楽しみ方で聞いてくれます。私が出向く小学校では、毎年特別支援学級のみんながカレンダーを作成し、近隣の企業や校内の特別教室などにプレゼントします。『こよみともだち』を身近に感じてくれたなら、うれしいですね。


 『おおきいツリー ちいさいツリー』は大日本図書が、絵本から読み物へ移行する時期の子ども向けの「ゆかいなゆかいな おはなし」シリーズで1977年から出版していたものを、新たに絵本として出版してくれたものです。見開きに小さい絵がいくつもならんでお話しが進むことが多いのですが、読み手のまわりにこぢんまりと集まってもらえたなら、絵が見えにくいこともないと思います。


 12月12日で2学期の読み聞かせが終わりました。年が明けて3学期に、再び子どもたちと本やお話を楽しめることが待ち遠しいです。

posted by ブリッジ at 09:53| Comment(0) | 特別支援読み聞かせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。