2013年05月16日

5年生に読み聞かせ『ストライプ』

2013年5月16日 5年生の教室で

stripe.jpg
『ストライプ たいへん!しまもようになっちゃった』
デイヴィッド・シャノン 文と絵
セーラー出版刊(1999)

 今年度初めての読み聞かせは、5年生。4年生の時は「わあわあ、キャーキャー」とにぎやかだった子ども達だけど、2か月ぶりに会うと少しだけお兄さん、お姉さんになった印象をうける。私が絵本を読む間、誰も、一言も発しない。やはり学年が上がるだけで、心持ちも違うのかな?

 そんな子ども達に読んだのは、他の子の目を気にして好きな食べ物も好きとは言えない女の子が大変な目にあう絵本、『ストライプ』。高学年になると、友達と同じようにしていないと「怖い」と思う子も多いもの。まだそんな雰囲気ではないかもしれないけれど、いずれ横並びを意識しだす時に「自分にうそはつかないで」との気持ちから、この絵本を5年生の1学期に読むことが多い。

 リアルで、ほんの少しだけグロテスクなデイヴィッド・シャノンの絵は、一度見てしまったら目をそらさせないようなエネルギーに満ちている。ストーリーの奇抜さと、それを「魅せる」シャノンの絵にクラスの全員が絵本を凝視していた。終わりのページを読み、絵本を閉じると、クラスのあちこちからため息が・・・。朝の15分を楽しんでくれた模様でひと安心。
posted by ブリッジ at 21:09| Comment(0) | 5年生読み聞かせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。