2012年06月07日

1年生に読み聞かせ『いいから いいから』

6月7日 1年生の教室で

 今朝は1年生の教室へ絵本を持っていきました。なんともいえずほのぼのした気持ちになるおじいちゃんの言葉がタイトルになっています。案の定「この本知ってるーっ」の声が上がりましたが、面白い本は何度でも読んでほしいようで、「今日はおばちゃんが読むのを聞いてね」とひと言入れて始めると、クラス全員が集中して聞いていました。ストーリーがどう展開するのかこの本を知っていた子も、知らない子も、気になるようです。

 読み終わると満足げなため息が聞こえました。一呼吸おいて、『いいから いいから』には他にも3冊シリーズで出版されていること、そして2冊めと3冊めが図書室にあることを紹介。残念ながら4冊めは図書室にないけれど、先生が余裕のある時に読んでもらえるように、私が持参していたものを置いておくことを知らせました。先生にも、子どもたちにも喜ばれました。なかには「トロフィーみたいに高いところに置いといて」という子どもも。

『いいから いいから』長谷川義史・作、絵本館・刊
http://www.amazon.co.jp/dp/4871101614

posted by ブリッジ at 16:12| Comment(0) | 1年生読み聞かせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。