2012年01月05日

はじめまして

  2012年が始まりました。はじめまして、ブリッジです。このブログは、公立の小学校と中学校で学校図書館ボランティアをしている人間が書いています。本と子ども、または図書館、そして児童書好きな方は、どうぞ読んでみてください。
 
 今日は図書館へ行って、来週の読み聞かせの本をいくつかセレクトします。そして、小学校の掲示板の準備のため、資料を借ります。今月の掲示板は、「伝承あそび」をピックアップ。中でも「けん玉」にスポットを当てるつもり。けん玉の技を紹介したり、それが掲載されている学校図書館所蔵の本を紹介します。紹介する本は、文渓堂から2003年に出版された『けん玉』ほか。3年生は3学期に「むかしのくらし」を勉強するので、時期としては妥当と思います。
 
 「ボランティアがここまでするの?」と思われる向きもあるかもしれません。それもこれも、私の住む地域では小・中学校に学校司書さんがいらしゃらないからなんです。本来、ボランティアは司書教諭や学校司書さんのお手伝いをするものですが、学校からは簡単な指示(新しく買った本にカバーをかける・PCに登録する)しかいただけません。そこで私たちは試行錯誤しながら、子ども達がもっともっと本に親しめる環境をつくるために日々活動しています。

 平成23年度より、公共図書館が各学校に所属する学校図書館ボランティアの交流会を企画してくれています。そこでわかったのは、どこのボランティアも小・中学校にも司書さんが配置されることを願っていること。いずれはボランティアがまとまって声をあげていかなければならないと考えています。
 
posted by ブリッジ at 10:11| Comment(0) | はじめまして | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: